福岡県八女市へ

雑感

起きると5時30分だった。そんなに寒くない。コーヒーのマグカップを流し台の上に置いて、ドリップ式のコーヒー豆をマグカップにセットして、お湯を沸かした。IHのコンロに片手鍋を置くと1分数十秒でお湯が沸騰する。

マグカップに溢れるぐらいコーヒーを作って、読みかけの本『報道事変』を読んだ。6時10分になったので、出発する準備を始めた。6時40分に自宅を出てファミマに車を停めた。助手席を見るとコートがない。
「どうしよう」そう考えてからすぐに「まだ間に合う」
そう思い直して、お店に入らずに駐車場を出て自宅に戻った。
玄関を開けると
「どうしたん」という妻の声が聞こえた。
「コートを忘れた」
そう言って、コートのある部屋に入って、ハンガーからコートを外し外に出た。大谷駅に着いたのは6時58分だった。駅のホームには議員の仲間が立っていた。福岡県八女市に乗合タクシーの視察に行く。

橋下駅でトイレに行った。コーヒーの影響だ。橋本駅から乗った電車は高野号だったので、オレンジ色のノートを開いて、次期の「計画案」を書くことにした。書き始めると集中してくる。外の景色をほとんど見なかった。難波の駅は早足の人々が階段とエスカレーターに目掛けて殺到していた。人にぶつからないようにこの流れを横切ってトイレに行った。コーヒーの影響だ。

新大阪までの間、プライムビデオで『スーパーガール』を見た。アメリカのテレビドラマの特撮は、映画と変わらない。日本はテレビドラマになるとCG丸わかりのものになるが、このドラマのCGは質が高い。

新大阪から福岡の久留米までほぼ3時間、引き続きオレンジ色のノートを開いて文章を書いた。書きたいことを書くとノートは16ページになった。一応書き終わると間もなく久留米に到着した。

久留米駅にグルメ街があったので、全員で豚骨ラーメン店に入り、茹で卵の丸々入った豚骨ラーメンを食べた。豚骨の匂いには独特の臭みがある。この匂いはちょっと苦手だ。

八女市への移動はジャンボタクシーだった。50分ほどかかるということだったのでプライムビデオで『スーパーガール』の続きを見た。外はかなり雨が降っていた。

八女市役所前にタクシーが着いた。2時までにまだ15分ほどあっただろうか。階段で2階に上がって視察の部屋に入ってコートを脱いだ。研修は2時少し前から始まった。

研修内容は、極めて刺激的だった。電話取材では掴みきれなかったことがリアルに理解できた。事前登録制とコンピューターによる記録の管理によって、乗合タクシーのリアルな姿が多面的に把握されていた。利用状況が克明に把握されていたのは驚きだった。夢と希望が湧く内容だ。具体的な中身は別の機会に書くことにしたい。

帰ってから電車内で書いた文章をワープロで文字起こししなければならない。前回よりも文章が長そうだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へにほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へにほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

雑感

Posted by 東芝 弘明