サーキュレーターの故障

出来事

image_print印刷

アイリスオーヤマのサーキュレーター(扇風機)が壊れた。この機械は、地球儀のような格好をしたサーキュレーターで、左右と上下の首振りができる。小さい扇風機だがパワーが大きい。昨年、郵便局の窓口に置かれて涼しげな風を送っていたのが気に入って、購入した物だ。
アイリスオーヤマの修理の窓口に電話した。なかなか電話がつながらない。こういう会社は多い。電話を掛けると最初は音声データに繋がった。
「しばらくお待ち下さい」
仕方がないのでiPhoneをスピーカーにして、用事をしながら電話を待った。
しばらくすると、音声が呼び出し音に変化した。
「おっ、もうすぐだ」
しかし、なかなか電話に出ない。鳴りっぱなしの電話、対応に追われるオペレーターという情景が頭に浮かんだ。何度も呼び出し音が鳴っていると、ときどき呼び出し音が途絶えて、
「電話が大変混み合っています」
という音声に切り替わる。だめだこりゃと思いつつも、iPhoneをテーブルに置いてスピーカーを鳴らし続けた。呼び出し音と音声が交互に繰り返され、15分ほど経過しただろうか。女性の肉声に切り替わった。
型番をしゃべって、故障だと伝えると「どこで購入されましたか」という質問が出てきた。
「Yahoo!で購入した」ことを伝えると、「購入時期は分かりますか」となったので、「しばらくお待ち下さい」と言って、Yahoo!ショッピングの購入履歴を検索した。
購入のために注文を入れたのは、去年の7月19日だった。やっぱり1年以上経過している。
「購入から1年が経過していますがそんなに日が経っていないので、今回は無料で修理させていただきます」
驚くべき答えが返ってきた。
「そうですか。ありがとうございます」
アイリスオーヤマはなかなか良い会社だ。

佐川急便が明日、扇風機を取りに来ることになった。
「購入したことが分かる資料を箱の中にお入れ下さい」と言われたので、お昼に帰ったとき、プリントアウトした購入履歴を扇風機を入れた箱に同梱した。

午後、かつらぎ民報の記事を打ち込むのにかなり時間がかかった。宮井議員の写真が横向きなのと、背中で写真が切れていて、右側に画像がなかったのですわりの悪い写真になった。「お気に入りの写真」というのは滅多にない。「これでええよ」といい、「じゃあひっくり返したら」と言うので、左右を反転してみた。「別人みたいになるで」とぼくは言ったが、やっぱり左右反転すると感じが変わってしまった。
そのあと、記事の文章を縮めるのに少し手間取ったが、少しスペースを空けることができた。
夕方、ニュースの配達があったので事務所を出た。雨が降り始めていた。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
0 0 vote
Article Rating

出来事

Posted by 東芝 弘明