アメイジング・グレイス 2005年11月18日(金)

出来事

image_printPrint

まずは昨日の続き。「アメイジング・グレイス」の歌詞を見つけた。イギリスの賛美歌でもあるので、引用しても、著作権うんぬんの指摘は受けないだろう。

アメイジング・グレイス
なんという優しい響き
こんなにけがれた私をも救ってくださった
暗闇を歩いていた私に神の御手が差し伸べられた
盲人に一筋の光が与えられたように
神の恵みは私の心の恐れを取り去り
受けとめてくれた
信じた瞬間,この恵みの素晴らしさが
私を取り囲んだ
多くの患難,誘惑をへて
私はここに辿り着いた
神の愛が私をこんなに平安で清い世界へと
導いてくれた
帰るべき家へと辿り着いた
神の約束
神は全てのことを益とする
御言葉は私の志を固くたたせ
命が続く限り盾となって私を守り
この地上での命が朽ち果てようとも
私は神の子であり
喜びと平安の覆いが私を包む
この世界が滅び
太陽が輝きを失おうとも
神は私を呼び給う
とこしえまでも私は神のもの
私達は神の計画のうちに
1万年もの間,輝き続けている
太陽とともに
いつまでも,いつまでも神の恵みを歌い続けよう


この曲はさまざまなバリエーションがあるようだ。イギリスのジョン・ニュートン(1725年生まれ)という人が、自分の罪をくい、告白し、祈りを捧げた歌詞に曲がつき、さまざまな人の手によって変化し今日に至っているようだ。この歌詞もその1つということになる。
さて、今日は紀の川市の候補者の選挙はがきを作った。印刷会社2社とやりとりをし、そのうち一社には会い、データのまま入稿した。
作成と入稿でかなり時間がとられた。4時過ぎから役場へ。日曜版配達は多い。
夜は7時30分から会議。
あー眠たい。もう限界。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

0 0 votes
Article Rating

出来事

Posted by 東芝 弘明