洪水のような報道の中で思うこと

雑感

安倍晋三さんの死去に関して、生前の経歴を肯定的に描いてみせる報道があふれることに対して、「そうじゃないだろう」「どうしてそう描くのか」という気持ちがわき上がってくる。海外からのメッセージも肯定的な評価ばかりが、リトマス試験紙を通り抜けて出されてくるような、そんな違和感がある。

そもそも、亡くなった直後からその人の過去の功績を洪水のごとく流すという意味はあるんだろうか。そんなことよりもすべきことがあるだろう。事件は、参議院選挙の最中、まさに選挙の応援演説という舞台で起こった。安倍晋三さんの死去は、重大な事件だった。この事件の真相を追究しながら、同時にメディアは、この参議院選挙で何が問われているのかを、国民の前に提示する必要がある。安倍さんが訴えたかったことに焦点を当てるのもその一つ、それに対して野党がどういう対案を示しているのかを明らかにすれば、参議院選挙で何が問われているのかをえぐることができたのではないだろうか。

今回の参議院選挙は、もしかすれば、安倍さんは、内閣総理大臣時代よりも、精力的に全国を駆け巡ったのではないだろうか。防衛費2倍、GDP2%ということを積極的に掲げた中心人物が、内閣総理大臣時代にはできなかった憲法改正も視野に入れ、動いていたのではないだろうか。事件は、この安倍さんの主張とは絡んでいないとしても、参議院選挙の焦点がどこにあるのかを明らかにし、国民に冷静に考えてもらう材料を提供すべきだったと思う。

しかし、テレビも新聞もこんなことはしなかった。

昨日のぼくの記事に対して、waoさんが書かれたコメントは胸にしみた。

「最近の言葉は軽い、と感じる。ネットで飛び交っている言葉が軽いのだ。何故この様な事になっているのか。それは人が本を読まなくなっているからではないだろうか。情報をネットで探し、一応分かったつもりでいる。違うのだ。日本の古典、世界の古典、現代文学、それらを実物の本を手にして読まなければならない。そして想像力を鍛える。エンターテインメントから初めて(SFから始めても良い)、本の面白さに慣れたら、ちょっと取っつきにくい哲学の本を読んでみると良い。実はエンターテインメントを書いている人物が凄い哲学者であったりする。例えば筒井康隆などはハイデガーを読み込む為の指南書を書いている。そういう風に読書をサポートして呉れる人がいるのだ。
松本清張は「葉脈」(ようみゃく、子供は読めないかもしれないので読み方を書いておきました)の人になりなさい、という言葉を残した。
1つの本に出合ったらそこにとどまるのではなくてそこから触手を伸ばして此れも読んでみよう、あれも読みたいという風になる訳だ。読書という旅の始まりである。ハイデガーを例に出したが、ハイデガーに留まらずにハイデガーの批判本があるからそれを読めと教えて呉れる人もいる。」
(waoさんのコメントより)

文学の力をもっと学びの中に取り入れることが必要だと思う。小説の形でしか伝わらないものがある。論文や評論のようなものしか読まない人もいるだろう。しかし、それだけでは、学びが深まらないのではないだろうか。時代の中で人間が具体的にどう生きたのかという空気感、息使い、人間の皮膚感覚や感じ方などを受け継ぐためには、文学の力が必要。ぼくはそう思う。
人間の個人的な体験なんてたかが知れている。相手の気持ちや置かれている状況を深く理解するためには、想像力が必要であり、相手の話から状況を再構築する力が求められる。waoさんが言うようにそれらの力は、エンターテインメントの小説でもいい。そこから始まって、葉脈のようにつながるような学びが必要なのだ。自分の生き方に引き寄せて学ぶならば、文学はその人に豊かなものを蓄積してくれる。

ぼくは、昨日のブログの記事の中で、安倍晋三さんに対する思いには「付き合いのあった人物に抱くような感情を持てないというのが、自分の中にある気持ちです」とも書いた。これは、安倍晋三さんという人物に会ったこともないぼくという人間が、こういうことを書かないと、「ご冥福をお祈りしたい」だけでは、自分に正直にはなれないということだった。
中学生だと思われる大阪の人が、安倍さんが襲われた現場に行き、お母さんと一緒に献花している映像がニュースで流れた。これを見たときに、ああ自分とは違う思い方をする人もいるんだなという点で新鮮だった。
何らかの心の共感があって人は動く。自分とは違う感じ方も知って、その違いを考えることも大事なんだとも思う。

安倍晋三さんへの銃撃事件のもつ衝撃は、事件が起こった直後よりも今後の方が大きい。この事件が、日本社会に何をもたらすのか。この事件から何を学んで日本社会に生かすのか。これは、今後の一つの大きな課題だと思う。
日本が再びファシズムに向かわないように。今まず思っているのはこの問題でもある。第二次世界大戦につながったテロ事件の積み重ねは、次第に権力による国民弾圧という方向に傾き、戦争反対という思想を徹底的に弾圧する方向に突き進んでいった。

歴史は繰り返すのか。という問いかけを胸に抱いて、安倍さんが凶弾に倒れた事件について考え続けたいと思っている。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へにほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへブログランキング・にほんブログ村へ

雑感

Posted by 東芝 弘明