雑感,出来事

Thumbnail of post image 189
「共産党を知らない人にこそ見てほしい」という西原孝至監督の映画「百年と希望」は、日本共産党を真正面から描いたドキュメンタリー映画だ。6月6日の赤旗日刊紙に西原監督へのインタビュー記事が載った。読んでみて、映画を見たくなった。ぼくの場合は、日本共産党をよく知って ...